2018年 7月 19日 (木)

訪日外国人、観光情報「スマホから」急増 観光庁調べ

印刷

   日本を訪れる外国人観光客の多くが、滞在中の観光情報をスマートフォンから得ていることが、観光庁の調査でわかった。日本経済新聞が2013年10月27日に報じた。観光庁によると、外国人観光客の日本滞在中に役立った旅行情報源は、東アジア・欧米豪ともに、スマートフォンが急増。ただ、欧米豪では「パソコン」や「観光案内所」の利用も多い。

   格安航空会社(LCC)の相次ぐ就航で、アジアからの個人旅行客や若者の訪日客が増えているのが背景にあるとみられる。

   13年4~6月の調査によると、韓国や台湾など東アジアからの訪日客のうちスマホ利用者は44%で、パソコンを使う割合(29%)より多い。29歳以下では54%に達し、若年層ほどスマホ利用が多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中