2021年 4月 12日 (月)

「週刊誌に待ち伏せされた。逆に追いかけてやった」 怒るダルビッシュ「小物すぎる」のか

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2013年9月30日に大リーグのレギュラーシーズンを終え、日本に帰国中のレンジャーズ・ダルビッシュ有投手(27)だが、心休まらない時もあるようだ。

   ツイッターで週刊誌の記者に待ち伏せされたと報告、苛立ちの気持ちを投稿した。フォロワーからは同情の声が寄せられているが、追われることをいちいち気にしているとして「小物すぎる」との意見もある。

「人のプライベート売った金で飯食って悲しくないの?」

一連のツイート
一連のツイート
「週刊誌の車に待ち伏せられてたから逆に追いかけてたんだけど、この人たちは人のプライベート売った金で飯食って悲しくないのかね?んでなんで毎回黒塗りのいかにもって感じの車なの?」
「んで信号待ちで声かけてたら、『え?なに?』みたいにしらばっくれるもんだからしつこく言ってたらカメラ出してきた(笑) 家族が悲しむぞー」

   13年10月27日夜、ダルビッシュさんは怒り半分、呆れ半分といったこんなツイートを投稿した。

   フォロワーから「逆に写真撮ったれw」とけしかけられると、「キッチリいただきました」と既に撮影したことも明かす。「俺どんだけ暇なの?」と自分に突っ込みつつ、「撮ろうとする週刊誌、見つけて追いかける俺、見つかって逃げる週刊誌、言いたいこと言って帰る俺。10月27日、間違いなく俺らは暇だった」と詩的な自虐もしてみせた。

   さらにフォロワーから「さすがに週刊誌の人らを撮った写真を載せるのは無理ですか?ダルビッシュ週刊誌を逆に!」と提案され、「顔映ってなかったら載せていいのかな?」と乗り気になっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中