日本車両、リニア納入増で過去最高の売上高 9月中間決算

印刷

   鉄道車両メーカー最大手の日本車両製造の2013年9月中間決算は、売上高が前年同期比76.3%増の609億円、純利益も同353.8%増の31億円で、いずれも過去最高となった。10月28日に発表した。

   東海道新幹線の最新車両「N700A」やリニア中央新幹線の「L0系」などの納入が増えたことが要因。新幹線だけでなく、北米や台湾など海外向けも好調で売上高の7割に達した。

   13年度にJR東海から受注したN700Aは96両。後半に64両をつくるため、年度を通して堅調な業績が予想されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中