2018年 6月 21日 (木)

神宮球場の両翼、実は3.5メートル短かった

印刷

   ヤクルトの本拠地である明治神宮球場(東京・新宿)は2013年10月29日、従来公表した数値より両翼が狭かったことを明らかにした。11月から実施する耐震工事のために、球場の広さを再測定したところ、ホームから両翼までの距離が97.5メートルで、これまで101メートルとしてきた距離と比べて3.5メートル短かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中