マクドナルドのケチャップ、全世界で切り替え 「日本も味が変わるのか」とネットで騒ぎ

印刷

   米マクドナルドは、大手食品メーカー「ハインツ」のケチャップを使うのをやめる。約40年間にわたって続いてきた取引を終了し、世界中のマクドナルドのケチャップがハインツものから他社製品に切り替わる見通しだ。

   これを受けて日本のネットでも、「日本の製品も味が変わるのか」と騒ぎになった。

NHKが日本の店舗も含まれると報じる

ハインツのケチャップ
ハインツのケチャップ

   ロイター通信の記事によると、取引中止の原因はハインツ社が米バーガーキング元CEOを経営陣に迎え入れ、これにマクドナルド側が反発したからだ。すでにケチャップを他のメーカーのものに切り替える準備を進めているという。マクドナルドは世界で3万4000店以上を展開しているため、このニュースは大きなインパクトを与えた。

   日本でもNHKが「アメリカや日本を含め、世界の店舗で使用を取りやめる」と日本の店舗も含まれると報じた。マクドナルドでは、ケチャップを「ハンバーガー」や「クォーターパウンダー」などのメニューに使われているほか、ポテト購入時に希望すれば小さな容器に入ったものがもらえる。ケチャップのメーカーが変わると、多くの人が慣れ親しんだ味も変わってしまう可能性がある。

日本ではハインツ社製使っていない

   ネットでは、

「日本のも味が変わったりするのかな」「マックのケチャップがハインツでなくなるのは耐えられんな」「それじゃもうマクドナルドは食わない。マクドナルドさようなら」

と悲しむ意見が多数書き込まれた。

   しかし、J-CASTニュースの取材に対して日本マクドナルドの広報担当者は、「日本マクドナルドはハインツのケチャップを使用していないので変更はありません」と語る。現在国内外3社のケチャップを使っていて、トマト加工品大手のカゴメのほか、ナガノトマト(長野県松本市)、海外メーカー1社だ。ハインツ社は含まれていないため、味が変わる心配はない。

   ちなみに、都心エリアのマクドナルドにケチャップを供給しているナガノトマトは、アジア、パシフィック、中東、アフリカ地区の品質基準となるケチャップを生産しているとして、マクドナルド社の「アワード・オブ・エクセレンス」(ケチャップ部門)を2009年から連続受賞している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中