大リーグ・上原「胴上げ投手」に レッドソックス、ワールドシリーズ制覇

印刷

   米国時間2013年10月30日に行われた大リーグのワールドシリーズ第6戦は、ボストン・レッドソックスがセントルイス・カージナルスを6-1で下し、6年ぶり8度目の世界一に輝いた。上原浩治投手は9回表に登板、打者3人をピシャリと抑えて「胴上げ投手」となり、大活躍だったシーズンで有終の美を飾った。

   田沢純一投手は7回表にピンチの場面でマウンドに送られ、打者1人を抑えて相手の反撃を許さなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中