2021年 9月 20日 (月)

経営不振?オーナーとのトラブル? 樫木裕実「カーヴィーダンス」スタジオ閉鎖の真相はやぶの中

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「カーヴィーダンス」で一世を風靡した樫木裕実さん(50)がプロデュースするレッスンスタジオが2013年12月9日に閉鎖することが分かり、経営不振、オーナーとのトラブルなどさまざまな憶測を呼んでいる。

   樫木さん本人は「今は何も話すことができない」として口を閉ざすが、経営していたオーナーとの間には「信頼関係はなかった」とコメントした。

入会希望待ち300人の人気スタジオ 閉鎖は寝耳に水

「カーヴィーグランド」トップページでも閉鎖を報告(画像は公式サイトのキャプチャ)
「カーヴィーグランド」トップページでも閉鎖を報告(画像は公式サイトのキャプチャ)

   樫木さんは楽しく踊りながらくびれを作るエクササイズ「カーヴィーダンス」を考案。関連書籍は460万部以上を売り上げ、一躍、ダイエット界のカリスマとなった。昨年12月には、東京・中目黒にレッスンスタジオ「カーヴィーグランド」をオープンし、会員は約1200人、入会希望待ちは300人にものぼっていた。

   しかし、大人気のはずのスタジオがオープンからわずか1年で閉鎖することになった。10月28日、樫木さんは「皆様へ」と題したブログで「カーヴィーグランド」の閉鎖を報告した。10月18日に同店オーナーの弁護士から閉鎖の通知が届いたという。樫木さんはあくまで「プロデュース」するのみで、経営はビジネスパートナーの女性オーナーが担当していたが、閉鎖は寝耳に水だったようだ。

   10月29日発売の「女性自身」は関係者の話をもとに、閉鎖の「舞台裏」を報じ、経営を担当していた女性オーナーとの間にトラブルがあったと指摘する。記事では、オーナーは経営不振を理由に撤退を決めたが、行き場をなくす約50人のスタッフの引き取りをめぐり、双方が弁護士をたてて話し合っているという。関係者は「トレーナーやインストラクターは樫木さんが連れてきた人たちで、オーナーの会社の社員になっています。前の職場をやめきた人たちがほとんどで、樫木さんを信じてついてきた人たちばかり」とも証言している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中