石破幹事長が山本太郎議員批判 「あれをあのままにしていいと思わない」

印刷

   自民党の石破幹事長は2013年11月2日、北海道・札幌市で講演し、山本太郎参議院議員(無所属)が園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した問題について、「あれを、あのままにしていいと、私は思いません。参議院の秩序というものはどうなるのだ。これが、何の問題にもならないということが、あってはならない」「テレビや新聞に大きく取り上げられることで、自分の存在感を大きくしようと思ったのではないか。天皇陛下の政治利用と言われても仕方ない」などと述べ、厳しく批判した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中