2019年 4月 22日 (月)

作者死去で未完の「世界最長」小説 「グイン・サーガ」に続編登場

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   一作家による小説としては「世界最長」とされる「グイン・サーガ」(栗本薫著、早川書房)本編が、2人の後輩作家によって引き継がれる。著者の栗本薫さんが2009年に亡くなり、未完のままになっていた。「続きが読みたかった」とファンも多かったという。

   続編が出ることが報じられるとネットでは、「グイン・サーガの続編が出る!! よかった!うれしい!たのしみ!」といったツイートが出た。

「失われた時を求めて」より長い

   豹の頭を持つ戦士・グインが主人公のファンタジー小説だ。中世ヨーロッパに似た架空の世界が舞台で、パロ、ケイロニア、ゴーラという3国が争う。1000人以上の人物が登場し、さまざまな人間模様が描かれる壮大な物語となっている。

   「世界最長」の小説といわれ、マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」(フランス語で約960万9000文字)よりも長い。2004年11月の読売新聞記事によると、「グイン・サーガ」の英語版を元に算出して3022万5000文字で(2004年当事)、早川書房がギネスブックに「世界最長」小説として申請したが、「この記録は一冊の本でなければ認められない」と受け入れられなかった。

   1979年に第1巻「豹頭の仮面」が刊行され、2005年には第100巻となる『豹頭王の試練』が出た。当初は全100巻で完結する予定だったが、その後も物語は続き、栗本さんのライフワークとなった。しかし、著者の栗本さんが2009年5月、すい臓がんのため56歳で亡くなり、執筆を終えていた129巻と、130巻の途中までは刊行された。累計発行部数は3300万部を記録している。

   生前に栗本さんは、

「自分がもしかなり早く死んでしまうようなことがあっても、誰かがこの物語を語り継いでくれればよい。どこかの遠い国の神話伝説のように」

と著書のあとがきに記していた。

   今回の続編刊行はその遺志を継いだものだ。2013年11月8日に五代ゆうさんが131巻として「パロの暗黒」を、12月には宵野ゆめさんが132巻「サイロンの挽歌」を刊行する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中