2021年 4月 15日 (木)

特産品食べ過ぎて「くまモンの赤いほっぺが落ちた」 蒲島知事が紛失騒動「種明かし」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   熊本県の蒲島郁夫知事は2013年11月5日都内で会見し、「営業部長」として人気のくまモンが、トレードマークの赤いほっぺをなくした「事件」について説明した。蒲島知事の説明によると、「美味しい熊本の食べ物を食べたくまモンが、実際に大切なほっぺを落としてしまった」。

   くまモンの赤いほっぺや、トマトやイチゴといった赤色が鮮やかな特産品を通して「赤」を熊本県の統一ブランドイメージとして発信していく考えだ。

子どもは「こんなのくまモンじゃない!」と悲鳴

熊本特産のトマトをPRするくまモン(左)。中央は蒲島郁夫知事、右側がスザンヌさん
熊本特産のトマトをPRするくまモン(左)。中央は蒲島郁夫知事、右側がスザンヌさん

   ほっぺ紛失は、10月29日、熊本市内の交流スペース「くまモンスクエア」で発覚。見学に来ていた子どもたちは、

「こんなのくまモンじゃない!」

といった悲鳴をあげた。

   翌10月30日に開設された特設サイトの動画では蒲島知事が「ほっぺあってこそのくまモン」と、沈痛な面持ちで捜索への協力を呼びかけた。渋谷の街頭ビジョンや東京ドームシティーの観覧車などを使い、首都圏で3日間にわたって大々的に「捜索活動」が行われた。

   11月2日に公開された動画では、トマト畑やスイカ畑で「ほっぺ」が見つかったことが明らかに。騒動は一応の収束をみた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中