2018年 7月 23日 (月)

国交省、JALの羽田国際線配分見直し要求に「ゼロ回答」

印刷

   2014年3月に拡大される羽田空港の国際線発着枠の割り当てが全日空(ANA)11枠に対して日本航空(JAL)5枠と傾斜配分された問題で、国土交通省は13年11月5日、JALからの配分見直し要求を事実上全面拒否する回答を同社に伝えた。国交省は、JALが公的支援を受けてスピード再生したことなどを理由に「我が国航空会社間における競争環境に不適切な歪みが生じつつある」と説明。JALへの割り当てを「慎重かつ抑制的に判断」したとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中