2018年 9月 24日 (月)

ナイナイ岡村「うつ病」だった? 自身の症状、初めて詳しく明かす

印刷

   ナインティナインの岡村隆史さんが2010年に「体調不良」で芸能活動を休止していたときのことをテレビ番組で振り返った。「ほんまに芸能界やめようと思ったんですよ。もういいや……と思って」と当事の心境を明かし、自身の症状についてもあらためて詳しく話した。

   これを受けてネットでは岡村さんの病気は「うつ病だったのでは」との見方が広がっている。

不眠が何か月も続く

   岡村さんが「体調不良」当時のことを告白したのは、2013年11月5日に放送された日本テレビ系のバラエティー番組「解決!ナイナイアンサー」でのことだ。番組では元日本テレビキャスターの丸岡いずみさんが、うつ病だったときのことを扱った。

   丸岡さんのVTRを放送した後のトークで、相方の矢部浩之さんに水を向けられ、「僕は半年ぐらい芸能界を休みましたけど」と当時のことを語り始めた。

「丸岡さんと一緒で一睡もできなくなってしまって。ぜんぜん眠れないんです。まったく。それが何か月も続いて」

   岡村さんは病名を明かさず体調不良を「(頭が)パッカーン」と表現し、丸岡さんと同様に睡眠不足に悩まされたという。また、ラジオ番組で使うリスナーからの投稿ハガキを選ぶ際、どれを読むかわからなくなり、気がついたらハガキが散乱するなど、「常にパニックみたいな状態になっていた」と振り返る。

   さらにひどいときには、ファンからサインをねだられても、「えっなんやったっけ」と忘れてしまい、自分のサインすら書けなくなった。マネージャーに過去のサインを見せられ、「はぁこうやったか」とようやく思い出す始末だった。

   そんな状態でも岡村さんは自分から休みたいとは申し出なかった。矢部さんが「休め」と言っても「それだけは勘弁してくれ相方」と泣きついたため、半ば強制的に休ませる形になったそうだ。芸能界を「もうやめようと思ってた」が、それから半年の休養の間に「スベってもええんかな」と開き直れるようになり、2010年11月に無事復帰を果たした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中