2019年 6月 25日 (火)

脱原発の志士・山本太郎氏の喫煙写真が話題 「タバコの健康被害はいいの?」

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

受動喫煙の発がんリスクは100~200ミリシーベルトの被ばくと同等

   国立がん研究センターの調査によると、発がんリスクは、喫煙が1000~2000ミリシーベルトの被ばく、受動喫煙が100~200ミリシーベルトと同等とされている。

   11年4月、学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の目安として「年間20ミリシーベルト未満」という目安を発表したが、山本議員は積極的に反対活動に参加し、13年7月のブログでも「子どもを守るはずの文科省が『柔らかな死刑宣告』を子ども達に与えた」と厳しく批判していた。

   しかし、受動喫煙が100~200ミリシーベルトの被ばくと同等の発がんリスクとすると、山本議員の喫煙も、子供達を含む周囲の人々への健康被害につながりかねない。

   山本議員は今もタバコを吸っているのか、吸っているとすればタバコによる健康被害はどう考えているのか。山本議員の事務室に確認を試みたが、13年11月11日は出払っていたのか、一向に電話がつながらなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中