JR北海道のレール検査問題で「データ改ざん」認める

印刷

   JR北海道のレール検査データが一部改ざんされた疑いが持たれている問題で、同社は2013年11月12日会見し、「世間で一般で言うところの改ざんだと言わざるを得ない」として改ざんを認めた。

   国交省が13年9月に行った特別保安監査直前のレール検査で、現場の「函館保線管理室」の台帳に記録された計測値と、本社に報告されてテータベースに登録されていた値の一部が食い違っており、改ざんの疑いが持たれていた。中には、本来であれば補修が必要な異常値を正常値に書き換えたケースもあった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中