両陛下、葬儀は17世紀以来の「火葬」へ 御陵は寄り添い並置

印刷

   天皇、皇后両陛下がお亡くなりになった場合の「御喪儀」について、宮内庁は2013年11月14日、これまでの土葬から、1617年の後陽成天皇以来となる「火葬」に改める方針を発表した。簡素なあり方を望む両陛下のお気持ちに沿ったもので、御陵は昭和天皇、香淳皇后が眠る武蔵陵墓地内に、両陛下が寄り添うような形で並置される予定だという。

   歴代の天皇は、古代は土葬、奈良時代の持統天皇以後は火葬が始まり、以後は両者が併存、江戸時代からは土葬が続いていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中