2018年 7月 23日 (月)

大卒初任給19万8000 円となり2年連続で低下

印刷

   厚生労働省は2013年11月14日に13年の「賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果を発表した。大学卒の男女の初任給は、前年比0.8%減の19万8000 円。高卒の男女は同1.2%減の15万6000 円だった。大卒、高卒共に2年連続で下がった。

   景気が回復しているとされるなかで初任給下がったのは、比較的賃金が安い中小企業での採用が活発化したため、平均が下がってしまったのが原因という。この調査は10 人以上の常用労働者を雇用する民間事業所の中で新規学卒者を採用した14,321 事業所の13年6月分を集計した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中