「四足歩行」で世界新 100メートル16.87秒、「東京五輪目指す」

印刷

   まるで動物のように両手両足を使って走る、「四足歩行」100メートル走の世界大会が、2013年11月14日、東京・駒沢オリンピック公園総合運動場で開催された。優勝したのはこの競技のパイオニアであり、10年来四足歩行の練習を積んでいるいとうけんいちさん(31)で、タイムは16.87秒。自身が持つギネス認定の世界記録を更新した。いとうさんは2020年までに記録を9秒台まで縮め、東京五輪での金メダルを目指したいとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中