2019年 3月 21日 (木)

「平成ノブコブ」吉村、生き別れた母と27年ぶり再会 7年前ブログに登場した「母」とは違うのか、ネット騒然!

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇さん(33)が6歳の時に生き別れになった母親の行方を追い、27年ぶりに再会するドキュメンタリー番組が放送される。ところが、なんと、7年前に母親に会ったことを写真入りで紹介したブログが見つかってしまった。

   いったいこれはどうしたことなのか。ネットで騒動になり、「ヤラセか?」「お涙ちょうだいの演出」「母親が2人いるんだろ」などと様々な憶測が広がっている。

「えー写真のこの方はえー母です。アタクシの母です」

   吉村さんが出演するのは2013年11月19日に放送する日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー 2時間スペシャル」の新コーナー「平成ノブシコブシ 吉村崇 心のしこり旅」。日本テレビのホームページにある番組表には、「ノブコブ吉村崇が生き別れた母の面影をたどり北海道へ…知られざる悲しき幼少期を初告白」と書いている。

   今回放送される吉村さんのドキュメンタリーは様々なメディアで紹介されていて、吉村さんの両親は6歳のときに離婚し、吉村さんは父親と祖母に育てられた。母親の消息が分からなくなっているため、故郷の北海道を捜し歩くというものだ。出会えれば27年ぶりの再会となる。吉村さんが一番聞きたいのは、「自分のせいで離婚したのか」「自分を愛しているのか」だという。既にロケや番組収録は終わっていて、映像を見たスタジオ中が涙に包まれたと日テレのホームページに書いている。

   吉村さんといえば「破天荒」ギャグで笑いを取り、今やテレビに引っ張りだこの売れっ子。幼少期はどんな生活だったのか、今回のドキュメンタリーに期待を寄せるファンも多かったが、13年11月14日頃からネットが騒がしくなった。6歳で母親と別れ消息が分からないなどという触れ込みだったが、自身のブログに母親が写真付きで登場しているというのだ。2006年9月11日付けのもので、そこには、

「えー写真のこの方はえー母です。アタクシの母です。10何年ぶりに会う・・・母です。北海道に帰郷中に会いました。みての通り何十年ぶりな為お互い意志疎通がとれてないため、母の目が閉じたままでございます。久しぶりなのに・・・」

と綴っている。これを見てネットでは、

「日テレ、差し替え番組教えてくれー」
「この番組は、2006年9月11日に撮影されたものですというテロップが流れる」
「母親がもう一人いるってことじゃないのか?」

などと騒然となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中