2018年 7月 21日 (土)

「米国は日本に慰安婦謝罪を促すべき、安倍首相は元慰安婦と面会せよ」NYタイムズ系列紙

印刷

   米ニューヨーク・タイムズ系列紙「インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ」は2013年11月14日、慰安婦問題について、「米国は日本に謝罪を促すべき」とする論考を掲載した。筆者は朝鮮半島情勢の専門家として知られるビクター・チャ米ジョージタウン大教授、政治学者のカール・フリートホーフ氏。

   日韓確執が米国のアジア戦略の障害となっているとの立場から、「最大の歴史問題」である慰安婦問題の解決のため、日本が「正式な承認と謝罪」、「安倍晋三首相による元慰安婦女性との面会」などを受け入れるよう、米国が後押しする必要があるとしている。一方で韓国側が国内の「反日」を理由に対話を拒むことも批判し、やはり米国の働きかけが必要だと論じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中