2019年 12月 8日 (日)

「泡姫ちゃん」がゆるキャラ?ネットで話題騒然 地元粟島では「ほぼ認知されていない」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

温泉の女性「泡姫・・・?ちょっと分からないです」

   実際、島での反響はあるのだろうか。「泡姫ちゃん」に詳しい粟島浦村役場の男性職員にTシャツの売れ行きを聞くと「夏場には海水浴客などが着替えとして買っていくことが多いようです。島で着ている人は・・・数人いますが、特段キャラクターを気に入っているわけではなく、何かのタイミングで買ったものを何となく着続けている感じですね」と笑う。

   インターネット上では注目の的だが、島内では「ほとんど認知されていないと思います。知る人ぞ知る・・・というような存在です」と話す。実際、記者が「おと姫の湯」に問い合わせたところ、電話口の女性は「泡姫・・・?ちょっと分からないです。あ、あのTシャツのキャラクターですか?」と微妙な回答をしていた。また、初めに村役場に問い合わせた際も電話口の男性は「タイボーくん(粟島公式キャラ)ならいますが・・・」と首をかしげていた。

   役場職員に非公式キャラとされているのは「ソープ嬢」のイメージが不適切だからか、と直球で質問をぶつけてみると「いえ、そもそも公認、非公認という話自体が話題にならないもので」との答え。現在まで特にクレームもないそうで、今後も何もなければ現状維持のようだ。ちなみにTシャツは温泉でしか販売されていないが、東京・池袋サンシャインシティで毎年行われている離島PRイベント「アイランダー」には登場するという。今年の開催は11月23日と24日の2日間。非公式といえども観光協会のブース内に並ぶそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中