2018年 7月 20日 (金)

韓国与党議員、標準時変更を発議 「領土主権と歴史を再確立」目指す

印刷

   韓国の聯合ニュースによると、与党セヌリ党の趙明哲(チョ・ミョンチョル)議員は2013年11月21日、今は日本と同じ標準時を30分遅らせることを柱とする「標準時に関する法」の改正案を発議した。韓国の標準時は、兵庫県明石市を通る東経135度を基準にしているが、これを朝鮮半島を貫く東経127.5度に変える。

   趙議員は、東経135度線が、韓国領の最東端だと主張する竹島(韓国名・独島)から278キロ離れていることを問題視。「領土主権と歴史を再確立し、国のアイデンティティーと国民の自尊心を回復すべき」と主張した。

   仮に法案が通過した場合、韓国の標準時は世界標準時(GMT)+8時間30分となる。30分単位の標準時を設定しているのは、インド(+5時間30分)、ミャンマー(+6時間30分)などが知られている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中