2018年 9月 24日 (月)

秘密保護法潰す奇策「デモで国会封鎖」!? 山本太郎が「60年安保の再現」狙う

印刷

   ヤマ場を迎えつつある特定秘密保護法案をめぐり、「あの人」が活発な動きを見せ始めた。

「この声が聞こえないなら、政治家なんてやめちまえ! 市民の力を集結させて、絶対に廃案に持ち込むぞー!!」

   国会議事堂を前に高らかに叫んだのは、誰あろう山本太郎参議院議員だ。「平成の田中正造」事件から1か月、少しは大人しくなったのかと思えばとんでもない。法案阻止のため、今度は「平成の安保闘争」を目論んでいるという。

100万人で国会を取り囲む!

国会議事堂周辺に集まる法案反対派の人々。労組などの「のぼり」も多数はためく
国会議事堂周辺に集まる法案反対派の人々。労組などの「のぼり」も多数はためく

   特定秘密保護法案をめぐり、与党側は2013年12月5日にも参院国家安全保障委員会で「強行採決」を行い、さらに会期末となる6日に本会議で可決・成立するという戦略を描く。

   これに対し国会・議員会館前では、反対派の市民団体などが連日のように集結、大声で「廃案!」を唱え続けている。耐えかねた自民党の石破茂幹事長が11月29日、「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない」とブログで非難したものの(現在は撤回)、かえって火に油、その叫びはますます勢いを増す。

   12月3日夜、そんな「荒れる」国会前に、山本太郎議員が姿を現した。以前から法案反対の立場を鮮明にしてきた山本議員だが、「強行採決」目前とあってこの日の演説はいつもにも増してヒートアップ、その中で法案阻止のための「奥の手」を明らかにしたのだ。

「(強行採決を止めるために)たった一つ、たった一つ方法があるかもしれない。できれば避けたい。でもやるならば、採決の日に、議員を国会に入れなきゃいいんですよ!」

   市民で国会を「包囲」し、採決そのものを物理的に「阻止」してしまう――その奇想天外な策に周囲も驚きつつ、口々に「そうだ!」の声を上げた。勇気100倍、山本議員はさらに大風呂敷を広げる。

「議員会館、国会に議員が入れないくらい、人があふれるくらいに集まれば、これは阻止できる可能性がありますよね? 1000人と言わず、1万人と言わず、10万人と言わず、100万人ぐらいの人が国会周辺に集まりましょうよ!」

   この演説はニュースサイトで中継されていたこともあり、たちまち話題となった。賛同する声もある一方、自民・三原じゅん子参院議員が「なんとお粗末な発想。ご自身が国会議員になられた意味はなんだったのか?」(4日のブログより)と述べたように、批判も強い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック