2018年 7月 22日 (日)

北島三郎、50回節目に紅白引退 「最後はまつりでいきたい」

印刷

   演歌歌手の北島三郎さん(77)が2013年12月5日、都内で記者会見を開き、出場50回となる今年を最後に「NHK紅白歌合戦」を引退すると発表した。

   北島さんはデビュー50年となる11年に一度紅白引退を考えたが、東日本大震災の発生を受け、「こんな時こそ皆さんに元気の出る歌をしなきゃいかん」と思い踏みとどまった。50回で引退というのは「いつまでも先輩面して壁になるのもよくない。歩いてきた道を譲ってあげるのも先輩の一つの役目」という気持ちから、13年春には決めていたという。体調不良も心配されたが、全く問題ないと胸を張った。歌手活動の引退は否定した。

   最後となる13年末の紅白は「本当に『まつり』でいきたい」と、代表曲の一つ「まつり」を披露することを示唆した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中