懇願する妊婦を殴って跳び蹴り 神奈川県の母子を強盗致傷容疑で逮捕

印刷

   母子らで強盗を示し合わせて女性を襲ったとして、神奈川県綾瀬市の飲食店従業員の女(41)と海老名市の女の次男(17)、17歳少年2人が県警少年捜査課などに強盗致傷の疑いで2013年12月5日に逮捕されたことが分かった。調べに対し、4人は、容疑を認めている。

   報道によると、女が借金に困っていることを次男が知り、4人で金を奪おうと計画した。そして、海老名市内の路上で7月30日深夜、歩いて帰宅途中だった自営業の女性(34)の顔を殴り、さらに飛び蹴りするなどして、外傷性くも膜下出血などの重傷を負わせ、約10万円入りのバッグを奪った疑い。女は、3人を車で駅まで送迎し、3人が犯行に及んでいた。

   被害に遭った女性は、「お金あげるから殴らないで」と懇願したが、聞き入られなかった。妊娠していたが、胎児は今のところ無事だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中