北海道電力、12月9日から6%以上の節電を呼びかけ

印刷

   北海道電力が2013年12月9日から14年3月7日にかけ、平日16時から21時に6%以上の節電を呼びかけている。泊発電所の再稼動の見通しがたっていないことと、火力発電設備が高稼働している影響で発電所が計画外停止するリスクが高まっているため。

   6%以上の節電は2010年度と比較してのもの。なお、節電は13年12月30日から14年1月3日を除くとしている。また冬季の北海道は夜間も電力需要が高いため、平日8時~21時以外の時間帯についても、可能な範囲での節電を求めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中