2020年 10月 31日 (土)

「宝塚出身者がAV出演」と女性誌報道 その後急きょ発売中止は「諸般の都合」

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   宝塚音楽学校の出身者がAVにデビューすると女性セブンが報じ、その後にAVが発売中止になっていたことが分かった。学校側は「出身者かどうかは分からない」というが、何があったのかとネット上で騒ぎになっている。

   「『宝塚いじめ』被害女性 覚悟の『AVデビュー』」。2013年12月5日発売号で、女性セブンはこんなキャッチフレーズの特集を組んだ。

「宝塚いじめ」で学校訴えた元生徒??

   宝塚でのいじめとは、09年11月に当時18歳の元生徒が校内でいじめを受けていたなどとして、学校側とトラブルになっていることが発覚したことを指す。当時の報道によると、元生徒は、このいじめで万引きしたとウソの告げ口をされ、それを元に学校側が退学処分にしたと主張し、処分の取り消しと1000万円の慰謝料を求める訴訟を神戸地裁に起こしている。

   訴訟はその後、調停に付され、10年7月、学校側が処分を取り消し、元生徒の卒業を認めることと、元生徒が宝塚歌劇団への入団を求めないことで、事実上の和解をしていた。

   女性セブンが元生徒と同一人物だとしたのは、AVデビューする予定だった高塚れなさんだ。AV販売会社のソフト・オン・デマンドのホームページ上では、13年12月2日に特設サイトがオープンし、れなさんは、名門音楽専門学校を卒業したとして、「100年に1人の逸材!」「新しい伝説」などと紹介された。そして、いくつかのヌード写真やPRムービーも公開された。

   女性セブンの記事では、元生徒は、東京都内で何らかの勉強をしていたところ、AV制作会社にスカウトされ、将来は芸能界で活動したいとしていたという。

   ところが、AVの先行受注を始める9日になって突如、ホームページ上で発売の中止が発表された。このため、デビュー作は、14年1月9日に発売されない見込みになった。その理由としては、「メーカー諸般の都合」としか書かれていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中