東大阪、市立高校が米グレンデールへの短期留学中止

印刷

   東大阪市の市立日新高校が、2014年3月に予定していた姉妹都市・米グレンデール市への生徒の短期留学を中止していたことがわかった。グレンデール市をめぐっては、現地の韓国系団体による慰安婦像設置をめぐり紛糾が続いており、生徒が政治問題に巻き込まれる懸念があること、また現地の状況がわからないことなどから、市教委と高校が話し合って中止を決めたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中