2019年 12月 15日 (日)

マックレジ上の「消えたメニュー表」が「復活」 ネットは「俺たちの大勝利!」と気勢上げる

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   日本マクドナルドがレジ上の「消えたメニュー表」を2013年12月11日、14か月ぶりに復活させた。お客から「どんなメニューがあるのか分からない」「カウンターで考えたい」といった苦情があったからだという。

   レジ上のメニュー表が無くなったのは12年10月から。ネットでは反発が強く、今回はとうとう間違いを認めたとし、「笑いが、止まらない」「俺たちの大勝利!」などと気勢を上げている。

「最終確認がレジの上で出来ないじゃないか」

「メニュー表」復活で低迷に歯止め?
「メニュー表」復活で低迷に歯止め?

   マクドナルドがレジ上のメニュー表を無くした理由は、お客の中にレジ上のメニュー表を見て注文に悩み、後ろに並ぶお客がストレスを感じてしまうから。通路に張られたポスターや、レジ上のメニューボードで予め注文を決めもらい、注文から完成までの時間を短縮するというものだった。

   原田泳幸社長(当時)は、

「レジが30秒短縮されれば、売り上げが5%伸びる」

と発言したそうだ。

   しかし、これがネット上で激しい反発を浴びた。

「最終確認がレジの上で出来ないじゃないか」
「日本人には近眼が多いのに、まるで罰ゲームだ」
「結局は店の効率だけ考えて客へのサービスはなおざり」

などといった意見が多かった。

   なぜこの年の瀬にレジ上のメニューを復活させたのか。マクドナルド広報は、まず、「復活」というのは間違った言葉の使い方で、レジの下にメニュー表は継続して用意していたし、お客様に見せてもいいた、と説明。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中