2019年 2月 24日 (日)

岐阜新聞社長が就任4日で辞任 会長も引責辞任という異例事態

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   岐阜県の県紙、岐阜新聞社(岐阜市)は2013年12月12日、堀江博海社長が辞任したと発表した。グループ会社の岐阜放送の社長も辞任した。堀江氏は12月9日付けで就任したばかりで、わずか4日での辞任は極めて異例。

   後任には堀江氏の1代前の社長にあたる碓井洋氏が復帰する。堀江氏の辞任理由は「一身上の都合」としか明らかになっていない。だが、かつて30年以上にわたって社長を務めた杉山幹夫代表取締役会長が「一連の混乱を招いた責任を取り」退任することも発表されており、前代未聞の事態だと言える。

頭取退任は事実上の解任だと受け止められている

   地元の十六銀行出身の堀江氏をめぐっては、「電撃人事」が続いている。12月9日に岐阜新聞の社長に就任した際も、人事が明らかになったのは就任当日のことだった。さらに、堀江氏は9月26日まで十六銀行の頭取を務めていたが、この退任の経緯も電撃的だ。同日午前の取締役会で堀江氏が突然辞意を表明し、後任の頭取を指名したという。

   後任の村瀬幸雄頭取は「クーデターではない」と強調したが、事実上の解任だと受け止められている。この時点で堀江氏は会長ではなく取締役顧問に退き、岐阜新聞社社長就任と同時に取締役も退いている。

   今回の岐阜新聞社長退任劇をめぐっては、同社は12月12日に堀江氏が「一身上の都合」で杉山会長に辞表を提出したことしか明らかにしていない。ただ、金融機関の元トップが新聞社の社長に就任することへの疑問の声が相次いでおり、このことが影響した可能性もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中