2018年 7月 21日 (土)

「天使に翼はなく、子供でもない」 カトリック天使学者が見解を発表

印刷

   ローマ・カトリック教会の天使学者が「天使は実在するが、翼はなく、光の筋のような存在だ」との見解を発表した、と2013年12月23日にAFPが伝えた。

   報道によると、昨今のスピリチュアルブームにより天使の人気が再燃しているが、天使とはもともと明確な姿をもたない「純粋な霊魂」であるという。その時々の芸術家たちが想像力を働かせた結果により、現在のイメージが形成されたというわけだ。そのため、天使学者のレンゾ・ラバトーリ神父は、天使の再流行には一般的に広まった天使のイメージは必要だったとするものの、クリスマスシーズンに天使のイメージがあふれかえることには否定的な見解を示し、「ある程度は容認できるとしても、あれは真の天使の姿ではないことを知っておくべきだ。天使は翼をもっていないし子供でもない」などと語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中