2019年 9月 22日 (日)

「アヒル口」の次は「カッパ口」ブーム? 元祖は鳥居みゆきか能年玲奈、トリンドル玲奈か

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   女性のかわいい口元の代名詞だった「アヒル口」に続く新勢力がじわじわと注目を集めているらしい。

   その名も「カッパ口」。あの頭に皿を乗せた妖怪「河童」にちなんで付けられた名前だ。上くちびるを下くちびるにかぶせ、くちびるを少し内側に隠したようなV字の口を指すという。

アヒル口は「あざとい」「ぶりっ子」イメージ

くちびるを隠したV字の口元「カッパ口」がブームに?(画像はイメージ)
くちびるを隠したV字の口元「カッパ口」がブームに?(画像はイメージ)

   口角がきゅっと上がり、口先を少し突き出したような「アヒル口」は、今や認知科学で魅力を読み解く本が登場するほど「かわいくセクシー」な口元として広く定着している。モデルのまつゆうこと、松丸祐子さんが火付け役となり、2010年ごろから爆発的ブームになったと言われているが、一般的には98年にデビューした歌手・鈴木亜美さんをはじめ、モデルの田中美保さん、女優の広末涼子さんらが「元祖」として知られている。

   ブームを受け、もともとアヒル口だった女性以外も、意図的に作ることを「覚え」、写真を撮る際やここぞという時に即席のアヒル口を作り出すようになった。その場合、いかに自然にできるかが重要になるのだが、やりすぎてしまう例も少なくないようで、現在では「あざとい」「ぶりっ子」の文脈で語られることもしばしばある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中