2018年 7月 23日 (月)

AKB48が紅白「人文字」卒業 今回見せる新パフォーマンスとは?

印刷

   姉妹グループのメンバーを総動員して「人文字」を作ることが恒例になっていたAKB48の紅白歌合戦のステージが、2013年は様変わりすることになった。

   例年は前半部分に出演してきたAKBだが、今回出演するのは49組中41組目。出演時間は22時30分頃になるとみられ、18歳未満は出演できない。NHK側は「それに見合ったパフォーマンスをしていただけると思っている」と、ベテランメンバーのパフォーマンスに期待を寄せている。

2011年には210人で「がんばろう日本!!」

AKB48は「恋するフォーチュンクッキー」と「ヘビーローテーション」をメドレーで歌う
AKB48は「恋するフォーチュンクッキー」と「ヘビーローテーション」をメドレーで歌う

   AKBの紅白出演は6回目で、「アキバ枠」として出演していた07年を除けば、09年から4年連続で「人文字」を披露してきた。特に2011年には姉妹グループ含めて210人で「がんばろう日本!!」の文字を描き、大島優子さんは

「1年に100人ずつ増えていくと思うので、NHKさんには、それだけ(大きな)ステージを作っていただかないと…」

と冗談を飛ばすほどだった。

   2013年のステージで出演するのは姉妹グループと合わせて110人。110人が世界110か国・地域の衣装を着るのが見せ場だ。

   高橋みなみさんは、13年12月29日の囲み取材で、

「今回は人文字は卒業という形になったが、新しい形でAKBとしての可能性を出していければ。今回出られないメンバーの分も、110人で2013年の締めくくりにふさわしいパフォーマンスをできるように頑張りたい」

と話した。

NHK「それ(限定メンバー)に見合ったパフォーマンスしていただけると思う」

   NHK側は、この時間帯について別の見方をしているようだ。18歳未満のメンバーが出演できないという点について、山田良介チーフプロデューサー(CP)は、

「そういう限定されたメンバーでパフォーマンスするということを聞いているので、そういう意味で時間帯を選んだということ。それに見合ったパフォーマンスをしていただけると思っている」

と説明。先にメンバーを限定するという方針が決まり、その上で時間帯が決まったことを明かした。

   ステージでは、2013年にヒットした「恋するフォーチュンクッキー」と、代表曲「ヘビーローテーション」をメドレーで歌う。

   ヘビーローテーションは大島さんが初めてセンターポジションを獲得した曲で、紅白では10年以来3年ぶりに披露する。大島さんは

「この2曲を歌うということは、老若男女、色々な方が聞いてくださったという意味で、『みんなが踊れる、歌える』というのもテーマ。一緒に歌っていただけると嬉しい」

と感慨深げだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中