2018年 7月 19日 (木)

新婚夫婦はなぜエクアドル超危険都市に ガラパゴス諸島観光のためだった?

印刷

   南米エクアドルで新婚旅行中の日本人夫妻が銃撃された場所は、エクアドル最大の都市「グアヤキル」だった。

   スペイン植民地時代の面影を残す観光名所や、イグアナが集まる公園など人気スポットがある一方で、犯罪率の高い都市としても知られる。新婚夫婦が危険の多い地を選んだのはなぜなのか。

大使館も「流し」のタクシーを危険視

エクアドル旅行はガラパゴス諸島へ行くためだった?(画像はグーグルマップより)
エクアドル旅行はガラパゴス諸島へ行くためだった?(画像はグーグルマップより)

   2013年12月28日夜、新婚旅行中の人見哲夫さんと妻の真梨子さんはグアヤキル市内のレストランで夕食を済ませ、通りを走っていた「流し」のタクシーに乗りこんだ。その後、後をつけてきた8人組グループに銃撃されたとみられている。哲夫さんは死亡、真梨子さんは大けがを負った。その後の報道では、現金や携帯電話などが奪われていたことも明らかになっている。中南米ではタクシーの乗客が一時的に誘拐されて金品などを奪われる「短時間(特急)誘拐」が横行していて、今回も同様の犯行とみられている。

   実は夫婦が滞在した「グアヤキル」は、強盗など凶悪犯罪の発生率が首都キトと並んで群を抜いている治安の悪い都市だ。外務省のホームページでも注意を促している。特に「短時間誘拐」については細かな説明があり、タクシーに乗る際には「最低限営業許可」を取得したタクシーであることを確認すべきだとしている。在エクアドル日本大使館でも「流しのタクシー」「非正規タクシー」の利用は控えるようホームページで訴えていて、タクシーの見分け方まで細かく解説している。

グアヤキル滞在者の7、8割はガラパゴス目的

   夫婦が頻発しているタクシー犯罪をどこまで把握していたかは不明だが、犯罪率の高いこの地を新婚旅行先に選んだのはなぜなのか。都内の旅行会社に話を聞いてみると、エクアドルを訪れる日本人は、第一にガラパゴス諸島、第二にアマゾンを目指してやってくるという。日本からエクアドルへの国際便はキト行きが多いそうだが、ガラパゴス諸島への直行便はキトとグアヤキルからしかなく、便数にも限りがある。そのため、グアヤキル経由でガラパゴス諸島へ向かう人も少なくないそうだ。

   「グアヤキルに滞在する旅行者の70~80%はガラパゴス諸島が目的だと思います。もちろんグアヤキルにも観光スポットはあるので、行く前後には観光したり、食事をとったりする人も多いですよ」(旅行会社担当者)。夫婦の詳しい旅行日程や滞在目的は明かされていないが、こうした状況を考えると、ガラパゴス諸島へ向かう予定だった可能性が強い。

   現在、現地では捜査当局が犯行グループの特定を急いでいる。なお、エクアドルのホセ・セラノ内相は1月6日までに、市内の防犯カメラの映像や複数の証言から容疑者に関する重要な情報を得ていると日本の複数メディアにこたえている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中