「永遠の0」公開わずか16日で興収30億突破

印刷

   累計470万部超の売り上げを記録した作家・百田尚樹さんのベストセラー小説をV6の岡田准一さん主演で映画化した「永遠の0」(2013年12月21日公開)が、16日間で興行収入30億円を突破した。14年1月6日、配給の東宝が発表した。

   1月5日までに観客動員数が約259万人、興行収入は32億円にのぼったという。12年12月21日に公開され大ヒットした「レ・ミゼラブル」(最終興収58.8億円)は27日間で興収30億円を突破したが、これを上回るペースとなる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中