韓国に情報送られた痕跡を確認 もんじゅのパソコン感染問題

印刷

   福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」で事務用パソコンがウイルス感染した問題で、日本原子力研究開発機構は2014年1月6日、報告書やメールの内容などが漏えいした可能性があることを明らかにした。

   発表によると、パソコンには、1時間半で33回にわたって韓国のサイトに情報が送られた痕跡が見つかった。ただ、増殖炉についての情報は含まれていなかったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中