2019年 10月 19日 (土)

「らくらくスマホ」フランスで好評 日本メーカーの海外成功第1号となるか

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   富士通が高齢者を対象に開発したスマートフォン(スマホ)が、フランスで人気だ。販路は一部地域から全土に広がり、今後は欧州各地への拡大を見込む。

   世界のスマホ市場では、米アップルや韓国サムスン電子など外国勢の独壇場なのが現実。富士通の戦略が欧州で成果を上げれば、現状では影の薄い日本メーカーが海外市場で成功するヒントになるかもしれない。

「爆発的ではないが着実に伸びている」

フランスで受け入れられた「らくらくスマホ」
フランスで受け入れられた「らくらくスマホ」

   富士通がフランスで販売するスマホは、同社製品の「らくらくスマートフォン」に手を加えたものだ。通話やメールといった基本的な機能が操作しやすいように、画面のタッチパネルが大きく表示されている。2001年に携帯電話「らくらくホン」を発売して以降、高齢者をターゲットとした独自の端末開発を進め、国内で顧客を獲得していった。

   同社の広報IR室に聞くと、海外での商品展開にあたっては現地で複数のスマホのラインアップを提案した。だが、一般向けのスマホでは「アイフォーン(iPhone)」をはじめ強力なライバルがひしめきあっており、後発参入企業にとっては不利だ。そこで、シェア獲得競争に巻き込まれるのを避け、強みを生かして存在感を発揮するために、独自色の濃い「らくらくスマホ」を選んだという。同社にとって、スマホでの海外進出は今回が初めてとなった。

   フランスの通信大手「Orange」を通じて2013年6月に発売。フランスを選んだのは「欧州の中でも高齢化が進んでいる国というのが理由」だと、広報IR室は説明する。当初の販売地域はフランスの一部にとどまっていたが10月には全土に広げ、取扱店舗も250店と拡大した。

   フランスの高齢者層におけるスマホの普及率は20%程度にとどまる一方、この年代の携帯電話利用者の75%が今後1年以内にスマホへの買い替えを予定している――。米オンラインITメディア「TechCrunch」は2013年2月18日、市場調査会社のデータを引用してこう報じた。「らくらくスマホ」が受け入れられる下地は十分あると考えられる。発売からおよそ半年、「爆発的な売れ行きとはいきませんが、これは日本でも同じです。当初期待していたとおり着実かつ順調に伸びています」(広報IR室)。

   山本正已社長はこれまで複数のメディアの取材に対して、今後フランスだけでなく欧州各地にも市場を拡大していく方針を明らかにしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中