ヤマカンがツイッターで「助けてください」とスタッフ募集 非難ごうごうTVアニメ「Wake Up,Girls!」は復活するか?

印刷

   アニメ演出家のヤマカンこと山本寛監督(39)が大ピンチだ。ヤマカンは自身のツイッターで、少しだけでも一日だけでもいいからTVアニメの制作を手伝ってください「助けてください」とアニメーターに呼びかけている。

   制作が間に合わなくなった原因は、現在ロードショー公開されているアイドルグループを題材にしたアニメ映画「Wake Up,Girls! 七人のアイドル」とテレビ版「Wake Up,Girls!」の制作を同時進行させ、同じ2014年1月10日に公開するというスケジュールを組んだため。映画は無事に公開できたがスタッフが疲労困憊し、テレビシリーズの制作に支障が出てしまった。

「私が至らなかったためであり、すべて私の責任です」

   「Wake Up,Girls! 七人のアイドル」と「Wake Up,Girls!」が公開されてから2日目の1月12日、東京の映画館「角川シネマ新宿」で舞台挨拶をしたヤマカンは、ほぼ300席が埋まった館内に向かって、ネット上に書き込まれている批判は知っているし、自分もその通りだと思う、とし、

「私が至らなかったためであり、すべて私の責任です」

と強い口調で謝罪した。

   10日に始まったテレビアニメについて、作画が酷い、絵が動いていない、キャラの顔の見分けがつかない、そもそもどんな物語なのか意味不明、などといった激しい批判がネット上に出ていて、ヤマカンはそれを認めた。テレビアニメは劇場版の続きとして制作されているため、ストーリーでいえばテレビ版は4話目くらいに当たり、主人公のアイドルグループがデビューコンサートを終えた後の物語になっている。

   視聴者が一番問題にしているのは作画の悪さで、急に絵柄が何十年も前の古臭いテレビアニメのようになったり、背景が書き込まれていないシーンも出てきたりする。ヤマカンは壇上で、映画とテレビ版制作の同時進行は可能と考えていたがそれは誤算だった。納期に間に合わせなければならず、「ああいうことになってしまった」と話した。ただし、製作や宣伝などのスタッフが「Wake Up,Girls!」にかけている情熱や意欲はハンパなものではないため、ぜひその熱を受け取ってもらいたい、とした。壇上にはアイドルグループを演じる声優も登場していて、テレビ版の不評を知っているからか、

「1話(を見ただけ)で切らないでー!!」

といった悲痛な発言まで出ることになった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中