菅義官房長官「イルカ漁業は伝統的漁業」と駐日米大使に理解求める

印刷

   菅義偉官房長官は2014年1月20日の記者会見で、イルカ漁業は我が国の伝統的漁業の一つであり国際捕鯨委員会の管理対象外でもあるため、今後も法令に基づいて適切に漁を行っていくし米国には日本の立場を説明したいと述べた。

   これはキャロライン・ケネディ駐日米大使が1月18日にツイッターで、

「米国政府はイルカの追い込み漁に反対します。イルカが殺される追い込み漁の非人道性について深く懸念しています」

などとつぶやいたことに対して答えたもの。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中