森永乳業、チーズ11品を実質値上げ 3月から減量

印刷

   森永乳業は2014年1月23日、一部の家庭用チーズ商品の内容量を3月1日出荷分から減らすと発表した。

   輸入原料チーズや国産チーズ向け乳牛価格の値上がりを受け、11商品について、内容を9.8~12.5%減量する。たとえば「クラフト スライスチーズ」は12.5%減量し、8枚入りを7枚入りに変更する。いずれの商品も価格は据え置く。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中