2019年 7月 17日 (水)

ライバルに対抗、300ドル以下で勝負 AmazonがAndroidベースの家庭用ゲーム機投入?

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

「あり得る話だな。大注目」「需要あるのかな?」」

   Amazonからの公式発表はないものの、これまでにはストリーミング動画配信用のセットトップボックス開発が進められているとの報道が何度かあった。そのため、ギズモード・ジャパンでは今回「Androidベースでハードウェアを開発するのならゲームも動くようにしよう、という発想は自然」と分析した。また、昨年8月にはゲーム関連ブログ「Game Informer」が情報筋の話として、今回の記事に通じるAndroidベースのゲームコンソール機の開発情報を伝えていて、2013年末までに発売されるだろうと指摘していた。

   ネット上では、日本からもさっそく「これはあり得る話だな。大注目」「ゲーム機もそうやけどApple TVのようなポジションも狙っているんやろうなあ」「任天堂は益々ピンチですね」とさまざまな反応が寄せられている。中には、同じくテレビを使用したAndroid家庭用ゲーム機「OUYA」が苦戦中とあり「Ouyaもそれほど盛り上がってないしな。需要あるのかな?」「もうそういうハードはいいよ、OUYAでさんざん懲りただろうが」との指摘もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中