大学教授の講義を誰でも無料で オンライン講座サイト「gacco」開設

印刷

   NTTドコモとNTTナレッジ・スクウェアは誰でも参加できる大規模公開オンライン講座サイト「gacco(ガッコ)」を開設し、2014年2月3日から受講生の募集を開始した。

   2012年に米国で生まれた「MOOC(大規模公開オンライン講座)」の日本初となるサイトで、日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)の公認を受けている。受講生は大学教師陣による本格的な講義を無料で受けることができ、パソコンをはじめ、スマートフォンやタブレット端末からもアクセス可能だ。

   受講期間中に10分程度の講義動画を週10本前後視聴し、ディスカッションやテスト、レポートなどの課題に取り組む。最終テストで修了条件を満たせば「修了証」の取得もできる。両社はこの修了証をキャリア面でも活用できるよう、企業や大学に働きかけていくという。

   講座は4月14日から順次開講予定。2月3日からは、東京大学の本郷和人教授による「日本中世の自由と平等」(4月14日開講)ほか2講座の受講生募集が始まった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中