2019年 7月 22日 (月)

消費税上げても国の財政は大赤字 2020年収支は11.9兆円の赤

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   政府の財政見通しの試算が明らかにされ、議論を呼んでいる。マスコミなどが一番注目し、いわば政府の「公式見解」ともいうべきものが、2014年1月20日の政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)に示された。

   今後10年間の国と地方の基礎的財政収支(PB)の見通しで、これでも2020年のPB黒字化という中期目標は達成できないというものだが、それ以上に悲観的な試算もある。アベノミクスで経済に明るさが出てきたとはいえ、改めて日本の財政の厳しさを思い知らせるものと言えそうだ。

悪いケースだと2020年度赤字17.4兆円

   諮問会議に内閣府が提出した見通しは、今後10年(2013~2022年度)の平均成長率を、名目3%、実質2%とし、消費税率の2段階目の引き上げ(2015年10月から10%)も実施する前提で、2015年度の国と地方のPBの赤字は16.4兆円程度、国内総生産(GDP)比で3.2%程度になり、2010年度の6.6%から半減するという財政健全化目標は達成する見通し。ちなみに、13年8月時点の試算ではGDP比3.3%だったので、景気回復で法人税収などの増加が見込まれて赤字幅はやや圧縮された。だが、2020年度でも赤字が11.9兆円程度、GDP比1.9%程度となり、黒字化目標を達成できない。

   実は、あまり報じられていないが、この試算には、「内外経済がより緩やかな成長経路」となった「参考ケース」(向こう10年が名目2%、実質1%成長)の数字もある。それによると、PBは2015年のGDP比は3.3%にとどまるが、2020年度は赤字17.4兆円、GDP比3.1%と目標に遠く及ばない事態になる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中