2019年 10月 16日 (水)

デヴィ夫人の公選法違反大事か ブログOKでメルマガはダメ、に違和感

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「デヴィ夫人」ことタレントのデヴィ・スカルノ氏(74)が東京都知事選を巡り、公職選挙法違反の疑いで警視庁から警告を受けていたと複数のメディアが報じた。選挙2日前の2014年2月7日、メールマガジンで都知事選に立候補していた田母神俊雄氏(65)への投票を呼びかけたことが原因だ。

   一方でデヴィ夫人はほぼ同じ内容のブログも掲載しているが、こちらは法律上問題ない。インターネット上ではこうした公選法の取り決めに疑問の声もあがる。

「電子メール」利用は「候補者・政党等」だけ

ほぼ同じ文面をブログにも掲載(画像はデヴィ夫人公式ブログのスクリーンショット)
ほぼ同じ文面をブログにも掲載(画像はデヴィ夫人公式ブログのスクリーンショット)

   元厚労相の舛添元要一氏(65)が当選を果たした今回の東京都知事選(2月9日投開票)で、デヴィ夫人は一貫して元航空幕僚長の田母神俊雄氏を応援してきた。街頭演説にも度々駆けつけ、大雪に見舞われた選挙前日もヘルメットをかぶりながら熱弁をふるった。

   ブログも最近は田母神氏関連の内容ばかりで、2月6日には「皆さん『危機管理』のプロを都知事に そしてネットの皆さん、必ず投票所に行って下さい」などと呼びかけていた。その一環だったのだろう、デヴィ夫人は翌日の7日、今度は無料で配信しているメールマガジンでも同様の「お願い」をした。田母神氏と台風被害を受けた伊豆大島を視察に行ったエピソードを紹介し、タイトル、冒頭には「ネットの皆さん、『田母神としお』と書いて、必ず投票所に行ってください」と綴った。最後の一文でも「ネットの皆さん、必ず投票所に行って『田母神としお』と書いて下さい!」と念を押し、有権者に猛アピールしていた。

   だが、このメルマガが問題となった。インターネット選挙運動の解禁後、電子メールを使った選挙運動用の「文書図画」の頒布が可能になったが、それができるのはあくまで「候補者・政党等」のみ。第3者である一般有権者の利用は引き続き禁止されているのだ。幸い今回は「警告」で済んだようだが、総務省の資料によると「違反した者は2年以下の禁錮又は50万円以下の罰金に処することとされており、選挙権及び被選挙権が停止される」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中