スノーボード平野、最年少メダリストに 平岡は銅、ジャンプ高梨は4位

印刷

   ソチ五輪第5日の2014年2月11日、スノーボード男子ハーフパイプで、平野歩夢選手(15)が銀メダル、平岡卓選手(18)が銅メダルを獲得し、今大会日本勢初のメダルをもたらした。平野選手は冬季五輪の日本選手で最年少のメダル獲得者となった。

   ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅選手(17)は4位で、メダル獲得はならなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中