トヨタがプリウス約100万台を国交省にリコール届出

印刷

   トヨタは2009年3月から14年2月にかけ生産したプリウス(ZVW30)約100万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出たと14年2月12日に発表した。

   ハイブリッドシステムの制御ソフトの不具合で、加速時などに昇圧回路の素子に想定外の熱応力が加わることがあり、警告灯が点灯しフェールセーフのモータ走行になってしまう。また、素子損傷時に電気ノイズが発生した場合にはハイブリッドシステムが停止して走行不能になるおそれがあるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中