ケリー国務長官、朴大統領に日韓関係改善迫る

印刷

   韓国を訪問中の米国のケリー国務長官は2014年2月13日、朴槿恵(パク・クネ)大統領や尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談した。ケリー氏は会見で、いわゆる従軍慰安婦問題などで冷え込む日韓関係について「過去の問題よりも現在の安全保障問題が重要」と述べ、韓国側に関係改善を強く迫った。さらに、4月下旬のオバマ大統領のアジア歴訪までに問題を解決すべきだとの考えを示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中