2021年 1月 25日 (月)

大雪で説明会休む就活生は採用されない 大学准教授のツイートが物議

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2週連続で記録的な大雪に見舞われた東日本では、交通網も混乱し、各地で被害も相次いだ。就職活動生向けの会社説明会を予定していた企業では、止む無く中止や延期を決めたところもあったようだ。

   そうした中、大妻女子大学の准教授がツイッター上で展開した「中止連絡がなければ、大雪の中でも説明会に行くべき」「天候を理由に休む人は私なら採用しない」との主張が波紋を広げている。

「御社のために働きます」という姿勢をみせる意味も

会社説明会行くのも一苦労
会社説明会行くのも一苦労

   都心でも25cmもの積雪を記録した2014年2月15日、この准教授は「就活生のみなさん」と宛てて、下記のツイートを投稿した。

「基本的に社会人はどんなに雪が降って交通機関が混乱していてもビジネス上の約束があれば、それを守ります。今日、企業説明会などの約束があり、企業から中止の連絡がないならきちんと行きましょう。『天候が悪いと休むやつ』と思われたら採用は難しいでしょう。私なら採用しません」

   続くツイートでは、行くべき理由として3点を指摘した。一つ目は、企業に対して「御社のために働きます」という姿勢を見せるため。二つ目は、大雪の日にもかかわらず会場の準備をしてくれた社員に対する感謝の意味合い。そして三つ目は、欠席する就活生が少ないことだという。悪天候を押してでも参加することが社会人のルールであり、それが就活生にとっても評価につながるとの見方のようだ。

   もちろん内定を目指すならば、できる限りの努力をして参加するにこしたことはないだろうが、今回の大雪は交通機関の混乱以上に深刻な被害をもたらした。積雪の少ないエリアでも凍結路面での転倒が後を絶たず、負傷してしまった人も少なくない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中