2018年 7月 16日 (月)

浅田真央、ミス連発で16位スタート

印刷

   ソチ五輪フィギュアスケート女子シングルの前半のショートプログラムが2014年2月19日に行われ、浅田真央選手は55.51点で16位と出遅れた。冒頭のトリプルアクセルで転倒し、後半のコンビネーションジャンプは2回転ループ1回になるミスをしたため、低得点になった。

   一方、韓国のキム・ヨナ選手はジャンプを次々に成功させ、74.92点でトップに位置している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中