Facebook、メッセージアプリ会社を買収 約160億ドル

印刷

   米Facebookは2014年2月19日、メッセージアプリを手掛ける米WhatsAppを約160億ドルで買収すると発表した。「WhatsApp」はテキストや動画、音声などのやりとりができるアプリで、iPhoneやAndroidのほか複数のプラットフォームに対応する。Facebookの発表によると毎月4億5000万人以上が利用し、そのうち70%が毎日のアクティブユーザーだ。

   買収後も「WhatsApp」ブランドは残り従来と変わらず運用される。Facebookが以前から提供しているアプリ「Messenger」も同様だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中