2019年 10月 18日 (金)

中国ネットで「羽生結弦にメロメロ」大ブーム 「漫画の美少年みたい!」「プーさん抱いてるの超萌え」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   ソチ五輪の男子フィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦選手(19)が2014年2月25日、日本に帰国した。成田空港では女性を中心に多くのファンが出迎え、「ゆづくーん!」と黄色い歓声が飛ぶなど、さながらアイドルのような凱旋となった。

   甘いマスクで日本の女性を虜にしている羽生選手だが、中国でも注目度が高まっている。メディアに「ソチ五輪の10大新人」の1人として取り上げられたほか、掲示板やSNSでも羽生選手にメロメロになってしまった人々の書き込みがみられる。

網易体育「新しい氷上スポーツ界のアイドル」

中国でもモテモテの羽生選手(14年2月25日撮影)
中国でもモテモテの羽生選手(14年2月25日撮影)

   日本では羽生選手が金メダルを獲得した直後から、演技中のポーズなどを用いたコラージュ画像がツイッターを中心に出回った。「羽生結弦選手がスピッツのベースだった頃」「プーさん(編注:羽生選手はディズニーのキャラクター『くまのプーさん』がお気に入り)を召喚する羽生」などふざけたものばかりだが、中国のスポーツメディア「網易体育」がこれを取り上げていた。

   14年2月15日に公開された記事で、羽生選手がフリーの演技の最後に見せた、右手をリンクに付けて左手を天に突き上げるポーズを用いたコラ画像7枚が掲載されている。ネットユーザーに面白がられているという説明とともに、「多くの女性ファンを獲得した、新しい氷上スポーツ界のアイドル」と持ち上げられている。

   網易体育は2月23日にも、「冬季五輪の10大新人」という記事の中で紹介。見出しには「羽生結弦が歴史を作った」とまで書かれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中